FRep 設定ツール(Android)

FRep 設定ツール(Android)

frep_and.zipダウンロード (2016/8/24更新)

Android向けアプリFRepの設定用ツール(Android用)です。

FRepを利用するAndroid機器とは別に以下の要件を満たすAndroid機器が必要です
– Android 3.1以降
– USBホスト機能が利用可能(※)
(※ただし最大供給電流100mAの機種(SH-02E等)は不可)
– 2台のAndroid機器を接続するためのUSB(ホスト)アダプタ

[動作確認済機種] Nexus 5X, Sony Tablet Z4, Nexus7
[動作確認済USBアダプタ(Amazon)] ELECOM OTGケーブル microB-Aメス-USB2.0 0.1m TB-MAEMCBN010BK

ミヨシ MCO USB マイクロB/USB TypeC対応ホストアダプタ SAD-CH01/BK

エスエスエーサービス [OTG(ホスト機能)対応ケーブル] microUSB(オス)-microUSB(オス) 10cm SU2-MCH10MR

[使用方法 (アプリ画面に手順を記載)] (動画でみる)

1. FRepを利用するAndroid(1)にFRepをインストールし、USBデバッグ設定(※1)をONにしておく.
2. もう一台のAndroid(2)でこのツールをダウンロードしてインストールする(※2).
3. 2台のAndroidをUSBケーブルで接続する. このとき、Android(2)がホストとなるよう接続(※3).
4. このツールをAndroid(2)で実行すると、Android(1)のFRepがセットアップされる(※4).
5. (Android(1)がAndroid 5.1.1以降の場合)Android(1)のAndroidの設定→ユーザー補助→FRepユーザ補助サービスをONにする
6. Android(1)でFRepが動作することを確認する.

——

※1 USBデバッグ設定が見つからない場合はFAQを参照

※2 ファイルが開けない場合は、zip解凍に対応したアプリ(ESファイルエクスプローラなど)を別途インストールしてください.
解凍したapkファイルをインストールできない場合は下記オプションをONにしてください.
(Android4以降) Androidの設定→セキュリティ→提供元不明のアプリ
(Android3) Androidの設定→アプリケーション→提供元不明のアプリ

※3-1 Android(2)がUSB接続を認識しない場合は、別途機器の検出が必要です.
(Xperia Z4等) Androidの設定→機器接続→USB接続設定→USB機器を検出

※3-2 Android(2)がType-C型USBの場合、OTGまたはUSBホスト機能の明記されたケーブルが必要です.
(動作確認済:ミヨシ製Type-C/microB両対応[Amazon])

※3-3 Android(1)のUSBデバッグ接続の通知が点滅する場合は、電源供給が不足している場合があります.
これはバッテリの経年劣化などで発生し、Android上の認識の問題のためアプリ側では対応できません.
電源供給機能のあるUSBハブを経由するか、変換を経由しないケーブル(動作確認済:SSA製microB-microB[Amazon])をお試しください.

※4 Android(2)のツール上で[FRepの初期設定が完了しました]と表示された状態でも、
Android(1)のFRepが設定されない場合は、以下のいずれかを行ってから再度ツールからセットアップを行ってください。
a. Android(1)のFRepアプリのメニューから「終了シグナル送信」を行う
b. Android(2)のツールのメニューから「強制再セットアップ」のチェックをONにする

以前の設定ツールはこちらからダウンロードできます。