アプリ

FRep2サービスは現在のアプリを認識して動作を切り替えます。FRep2を動作させたいアプリ、あるいは動作させないアプリを指定できます。記録/再生中に動作対象外のアプリが開始された場合、FRep2は即座に動作を中断します。

※この設定に関わらず、FRep, FRep2アプリ上では記録/再生は動作しません

制限モードには2種類のポリシーがあり、右上のを押して確認できます。基本許可モードは指定したアプリでは動作しない設定、基本拒否モードは指定したアプリでのみ動作する設定です。

右下のボタンを押して対象のアプリを編集できます。

Unlock Key導入済の場合
[通話画面]やGoogle Playアプリも設定可能になります。


メニュー

保存 現在の設定リストを保存します

読込 以前保存された設定リストを読み込みます

ポリシー切替 基本許可モードと基本拒否モードを切り替えます

すべて制限 すべてのアプリで動作しないよう設定します

すべて解除 選択可能なすべてのアプリで動作するよう設定します

自動選択 現在の記録で使用されているアプリのみで動作するように自動設定します
※プログラム内でのアプリ変化先は考慮されません