このサイトにはマニュアル、FAQなどを掲載予定です。

 

現在βテスト版 FRep2 1.0beta11を公開中です
(10/22~ [更新履歴], 動作報告歓迎)

FRep2 Unlock Keyがリリースされました

 

FRep2 for Android 7~(8.1以降推奨)

[注意] FRep(1)用のFRep Unlock Keyとは互換性がありません。追加機能や制限解除が必要な方は別途Google PlayからFRep2 Unlock Keyを入手してください。

 

[実装済の新機能]

  • 新しいタッチ記録/再生システム [簡易モード/Simple mode]
    (ユーザー補助サービスを使用し、USBデバッグ/設定ツールによる事前設定不要)
  • より精密な操作記録/再生システム [精密モード/Precision mode]
    (FRep(1)同様にUSBデバッグ/設定ツールによる事前設定が必要)

[FRep2 精密モード設定ツール] Windows用, Mac用, Linux用, 別のAndroidとUSBホストケーブル用

 

[正式版以降に搭載予定の機能]

  • ファイルに書き出し/ファイルから取り込み (インポート/エクスポート)
  • シーン認識による記録選択の省略機能でさらに操作を簡易化

FRep2 1.0beta11 更新

  • 記録した操作項目の「タッチを編集」時に1点タッチの位置を正しく移動できない問題を修正
  • 簡易モードでの再生時カーソルの表示タイミングを修正
  • 画像認識項目のプレビューが正しく表示されない問題を修正
  • 一部機種の精密モードで記録したタッチ操作のプレビュー表示を修正
  • タッチ操作項目のダブルタップ再生時のタイミングを修正
  • タッチ操作項目に「連続タップ」を追加
  • 画像認識項目の高度な設定に「成功/失敗時のスクリーンショット保存」を追加し、システム設定の「画像認識の結果画像を維持」を削除
  • 操作パネル設定に「長押しでコマンド使用」「長押しコマンド順」を追加
  • 記録の編集画面メニュー「項目の外観設定 – 単純分岐を着色」を追加
  • いくつかのエラーレポートに対応 (報告ありがとうございました)

初期設定

FRep2では、タッチ操作の記録/再生のためAndroidのユーザー補助サービス機能またはUSBデバッグ機能を使用します。それぞれの設定に応じて各モードを利用できるようになります。

簡易モード では FRep2ユーザー補助サービスを使用して単純なタッチ操作を再生します。

精密モード では USBデバッグ機能を経由してより精度の高い再生を行います。

簡易モード設定

FRep2アプリの初回起動時、ナビゲーションバー上に他のアプリの上に表示を許可する必要についてメッセージが表示されます。メッセージをタップし、現れる設定画面で許可を指定してください。

FRep2アプリに戻ると、ナビゲーションバー上にユーザー補助サービスについてのメッセージが表示されます。メッセージをタップし、現れる設定画面で FRep2ユーザー補助サービスをONにしてください。アプリに戻ると自動的にFRep2サービスが開始され、通知バーに表示されます。

精密モード設定

より精度の高い再生には、USBデバッグ接続を経由した設定を行うことで精密モードが利用できます。この設定にはPC, Mac, Linux または USBホスト(OTG)機能を持つ別のAndroid機器が必要です。各OSに対応する精密モード設定ツールは下記リンクから取得できます。使用法や必要な要件についてもリンク先を参照してください。

[FRep2 精密モード設定ツール]

Windows用, Mac用, Linux用, 別のAndroidとUSBホストケーブル用

 



AdSense