精密モードでの記録に異常なスクリーンショットが登録される

精密モード設定の記録タイプを変更し、正常なスクリーンショットが撮影されるものを選択してください。

記録タイプ: スクリーンAPI 時に撮影される画像に異常がある場合は、スクリーンショット設定 – スクリーンAPI設定をお試しください。Pixel 3a (1080×2220)では、録画時のサイズ調整:128px と 録画バッファ調整:間隔調整(奇数) の2つを指定することで正常に撮影されることを確認しています。

精密モードで再生がキャンセルされる(Xiaomi製機器)

Xiaomi製Android固有の設定をお試しください。Android 10以降を搭載したXiaomi製機器にて、Androidの設定 – システム – 開発者向けオプション – USBデバッグ(セキュリティー設定) ※をONにした状態での動作が報告されています。設定後、Androidを再起動し、再度FRep2精密モード設定ツールを実行してください。

USBデバッグ(セキュリティー設定)の設定にはXiaomiアカウントへのサインインが必要な場合があります。

精密モードで記録がキャンセルされる(Xiaomi製機器)

Xiaomi製Android固有の設定をお試しください。Androidの設定 – (システム) – 開発者向けオプション – USBデバッグ(セキュリティー設定) ※をONにした状態での動作が報告されています。設定後、Androidを再起動し、再度FRep2精密モード設定ツールを実行してください。

USBデバッグ(セキュリティー設定)の設定にはXiaomiアカウントへのサインインが必要な場合があります。

精密モードでタッチ操作が再生されない

精密モードでの再生時にタッチ操作が再生されず、「再生完了」と表示される場合は以下を確認してください。


「タッチ情報の取得」を行う

FRep2アプリを開き、ナビゲーションメニューからタッチ情報の取得を選択して、タップなどの操作を登録することで、正しく入力機器のタイプ判定が行われると正常に再生されるようになります。

ナビゲーションメニューに表示されていない場合は、既にタッチ情報の取得は実行済です。次の項目を参照してください。なお、タッチ情報の取得を再度行う場合はオプションから実行できます。

「ホバーシグナル処理」を設定する

FRep2アプリを開き、ナビゲーションメニューからオプション 精密モード設定を選択して、ホバーシグナル処理の設定を変更します。入力機器のタイプに一致する設定を指定すると正常に再生されるようになります。

※「自動」を選ぶと、タッチ情報の取得で判定されたタイプが使用されます。

(Xperia Ace II, Android 11にて実機確認: ホバーシグナル処理「なし」)