タッチ情報の取得 – オプション

精密モードでの再生に使用するタッチ情報を取得します。

タップして開始ボタンを押した後、画面の案内に沿ってタッチ操作を行ってください。得られたタッチ情報は精密モードでの再生時に使用されます。

  • 取得した情報からタッチ入力機器のタイプを判定します。精密モード設定の ホバ―シグナル処理:自動 設定はこのタイプを基に指定されます。
  • タッチ 項目、画像認識 項目の 認識領域の中央をタップ 時にはここで取得した情報を使用してタッチ操作が再生されます。

一連のタッチ操作後に現れるテストボタンを押すと、取得した各操作に基づく再生がテストされ、タッチされた位置が緑(タッチ箇所)と赤(指を離した)丸で表示されます。


メニュー

画面との一致調整 取得したタッチ情報によるタッチ画像認識認識領域の中央をタップ の位置がずれる場合の調整用パラメータを指定
タッチ機器と画面の座標系が対応していない特定機種のサポート用設定です。

  • 上下左右のマージン値 タッチ機器の座標系に対するマージン(※)
    タッチ対象のメイン画面とは別にサブ画面を持つ機種において、サブ画面へのタッチ分を指定することでタッチ位置を補正
  • タッチ情報を回転 タッチ機器と画面の座標軸が一致しない機種において、必要な回転を指定 (ボタンをタップで回転を切り替え)

※マージン値指定の前にご確認ください
もしタッチ位置のずれる問題がFRep2の撮影した画像ではなく別途用意したスクリーンショットファイルを基にするタッチ項目や画像認識項目の場合、そのスクリーンショットファイルのサイズと、この画面に表示されている画面解像度 を確認してください。もしスクリーンショットのサイズが大きい場合は、タッチ位置のずれは使用したスクリーンショットが原因の可能性があります。画面解像度 に表示されたサイズに縮小したファイル、あるいはFRep2の各Shot機能で撮影したスクリーンショット画像で再度項目の設定を行ってみてください。